男性

メニエール病などの病気を治療して悪化を防ぐ|早めの治療が大切

眠れない人の注意点とは

医師と看護師

寝ている姿を録画してみる

好い味時間はたっぷりとっているつもりでも、いつも眠気が生じてしまうという人は、快眠できていないのかもしれません。例えば、無呼吸症候群になっていることも考えられます。無呼吸症候群かどうか知る方法は簡単です。自身の寝ている姿を録画することです。これによって、一人暮らしの人でも、自身の寝ている時の状態を知ることができます。代表的な症状として、大きないびきをかくことが挙げられます。一人暮らしの場合、いびきをかいているかどうかも分からないことがあるものです。特に注意が必要な点は、いびきがいきなり途切れることです。この時、呼吸が止まっている可能性があります。これがいわゆる無呼吸症候群の状態と言えるため、症状を知ることが何よりも重要です。

肥満には注意する

無呼吸症候群になりやすい人は、肥満の人です。太れば太るほど、寝ている時の姿勢が窮屈になってしまいます。首周りにも当然、脂肪がついてしまうため、喉が脂肪で圧迫されて呼吸ができなくなってしまうのです。できるだけ適正体重を維持できるようにすることがポイントです。また、顎が小さいという人も無呼吸症候群になることがあります。こちらも斯道を確保しにくくなることで、いびきをかいてしまいやすくなるからです。痩せていて小顔で現代的なスタイルであっても、このような状態になることがあるので注意が必要です。顎が小さい人は顎関節症にもなりやすいので、そちらの治療を始めることも重要となってきます。そして何よりも、途中でいびきが止まっているかどうか、誰かに確認してもらうことも大切です。